土地の返還の際に地主に買い取ってもらう

長年、土地を借りて建物を建てて住んでいた人が、様々な理由から借地権を手放すケースがあります。借地借家法では、借地権者から地主に対して建物の買い取り請求が認められるのは、契約更新がない場合、借地権の譲渡や転貸について地主が承諾しなかった場合、借地権が終了した場合に限ります

借地権については、借りている人や建物の保護を目的として、地主にとっては不利に思えるようなものも多いのですが、借地権者が地主に対して借地権の買い取り請求を行うことは基本的には認められていません。基本的には地主に対しては無償返還をします。

また買い取りの際は、建物を時価で買い取ることが法律で定められています。例えば、裁判例では建物の新築と同時に買い取り請求がされた場合には、その建築費相当額、その後になされた場合には、その建物と同等の資材をもって買取請求にその建物と同様の建物を新築する価格から、その建物が使用に耐えない状態に至る総耐用年数に対して相対的に考えられる実際の経過年数に応じた減損価格を控除した純建物価格というものがあり、建物の時価には借地権の価格は含まれていません

基本的には借地権者が土地を使用しないのであれば、更地にして返還するのが当然だという地主も多いので、様々な理由から借地権を地主に買い取ってもらいたいと考えている場合には、仲介者をたてて交渉を行うことでスムーズに交渉を行うことができるのではないでしょうか。

Pocket