借地権を買い取ってもらうとは

地主が貸している土地のことを底地と言います。この底地の上に借地権があり、借地権を持っている借主は建物を建てて、その建物を所有することができます。借地権とは賃借権のことであり、地主から土地を借りているので、地主と契約を結び、土地代を地主に支払う必要があります。とは言っても底地に建っている建物は土地を借りている人の名義であり、所有物になるので、土地の契約期間が終了した場合、土地の契約更新を地主が拒絶する場合などには、借地権者が地主に対して、所有する建物を時価で買い取る請求をすることができます。借地権者が地主に対して、建物の所有権を買い上げてもらう権利は基本的にはないのですが、当事者の話し合いの中で、土地で契約更新をしない、土地の返還を求める理由が正当でない場合には、買上げが行われる場合もあります。立ち退き料という名目としても捉えることができます。

また借地権は、地主の承諾さえあれば、地主に買い取りをしてもらうのではなく、個人や業者に買い取ってもらうこともできます。この場合は承諾料を地主に支払い、単純に借地権を売却するという流れになります。いずれにしても、地主の承諾を得るのは絶対条件であり、承諾を得ることなく、勝手に売却をしてしまうと、契約違反とみなされ返還を求められることになってしまいます。

借地権の買い取りの対象となるのは地主だけではなく、第三者や業者などの選択肢があり、専門家に相談することで、最適な売却先を検討することができるのではないでしょうか。

Pocket