借地権を業者に買い取ってもらう

個人間で借地権を売却するのは難しい、地主から借地権の買い取りを拒否されているなど、借地権を売却したいと考えているが、買い手が見つからないという場合には、業者に買い取ってもらうという選択肢があります。

業者と言っても借地権者や地主にとっては第三者となるので、業者に売却を行う場合でも地主の承諾が絶対条件になります。地主がどう考えているかによって方向性が変わることもあります。借地権の買い取りを業者に相談することで、地主との交渉を直接行なってくれます。借地や法律など専門的な知識を持った専門家が第三者として、借地権者と地主の間に入って交渉を進めることで借地権者と地主、双方の関係を崩すことなく、スムーズに売却の承諾を得ることができるなどメリットは多くあります。借地権の買取専門サイトにも記載がありましたが、やはり借地権売買の一番の難所が「地主との交渉」のようです。とはいえ承諾が得れなければ売却も出来ないので、完全にサポートしてもらえる業者に頼むという選択肢は正解かもしれません。

借地権の売買において最大の壁である「地主の承 諾」。地主の承諾がなければ売却はできません。 承諾を得られないようであれば、当社が地主さん から承諾を得られるよう最大サポート致します。

この他にも借地権の相続を受けたが他のところに住んでいるので使用しない場合や借地上の建物が老朽化してきて引っ越しを考えている場合などでも業者に相談することでスムーズに交渉を進めることができるようになります。基本的に借地権の売却や売却に関する地主との交渉などは、個人では難しい部分も多くあり、借地権などの知識が豊富で、経験や実績のある業者に任せることで借地権者にとって最善な売却を行うことができます。

Pocket